『自己愛性人格障害』本人のブログ

自己愛性人格障害者本人が綴る、深層心理

優越感を与えてくれる道具

他者を道具のように扱う

私はそうだ。

それも意図も利用してるのではなく、そんなつもりは無いというように。

相手のせいにして、私はあなたが好きだから、こう思うのだ、と言わんばかりに。

特に身近な人に対して

 

恋人に言われたことが図星すぎて笑いそうになった。

それとともに、自分が根から自己愛であることを再確認した。

俺がいないから寂しいのではない。

俺がいない自分を他人と比べて劣ってると感じることに耐えれないだけだ。

 

そういわれて、ハッとした。

いや、心の中ではそれに気づいてたし、そうやって寂しさのせいにしてきたけど、結局そうなのだ。

恋人は言った。

 

道具みたいに扱われてる気がする。

 

その通りです、私はあなたが好きなんじゃない、あなたと上手くいってる自分が好きなだけ。

わかってるじゃない。私だってこんな風に思いたくないけど、そうとしか思えないんだもの。

どうすればいいの?

 

普段は少なからず行動に気をつけていても、特に人と比べて劣ってると感じた時に、自己愛は暴走する。

普段から道具みたいに感じるかと尋ねると、普段はそんなことないけど、と言われた。

いや、実は普段からそうやって考えてるんだけど、そうやってみえないようにしないとな、なんて考えながらやってるんだよね。

と漏らすと、黙ってしまった。

 

黙って道具になってろや

 

と言いたくなる。

本当は。そう思うならそうやって言われた方がマシだと、恋人は言っていた。

あたかも寂しくさせた自分が責められるくらいなら、そうやって言ってくれと。

そうやって言わなくても、私の望んだように動いて欲しいって心では思ってるんだよ、寂しいんだね、でも今日はダメだって、言って欲しいんだよって。

 

利用している。私は利用している。

友人と会っても、常に比べている。

そして自分の方が幸せでないんだと顕著にわかるとき、私は卑屈になる。

 

まとまりのない文章になってしまった。

 

何が幸せなのかわからない。

自分が自分、自己愛性人格者である限り、本当の幸せなんてわからないと思う。

人より優ってる時の優越感でしか幸せを感じない。

 

私は相手自身を求めてるんでなく、私へ優越感を与えてくれる存在である相手を求めているだけだ。