『自己愛性人格障害』本人のブログ

自己愛性人格障害者本人が綴る、深層心理

やっぱり私はダメな人間なんだと思う

うまくまとめられないが、そう思う。

執着している相手に思い通りにいかないことや、否定的に思われること。

それが精神を崩壊するほどに辛く苦しい。

それが本当にダメな部分だと自分でわかっている。

なのに誰かに受け取ってほしいと、受け止めてほしいと思ってしまう。

受け止めてもらえた時私はなんでも出来るし輝いていると感じられる。

元夫はどれだけ私を受け止めていてくれたんだろう。

苦痛に感じることはなかったのだろうか。

ただの1度の激昂だけであんな風になったことも、それ以前にも私に理由があった気がする。

 

私はやっぱり異常だ。

今の恋人にも、親になるにはどうなのかなと思う時がある、といわれた。

だからまだ将来のことは考えられないと。

私も親になりたいと思う時もあれば、なりたくないと思うこともある。

いや、なりたいけどなる自信がないというのが正しい。

結局気持ちが定まらない。

 

精神が安定すると次は思いやりをなくす。

安定していないと夜も眠れないし消えたくなる。

必要とされることが私の生きる意味なのに。

心から私を必要としてくれた元夫。

きっと今の恋人はそろそろ私に愛想を尽かし始めている。

なんでそんな風に思うのか理解できないと言われる。

私だって好きでこんな感情になるわけじゃないのに。

 

私の願いは一つしかない。

最高に幸せだよと父に言えるようになること。

元夫に、Yさんと結婚させてくださいといわれたときの父の本当に嬉しそうな顔。

あの顔をもう一度見たいし、孫だって抱いてほしい。

 

なのに私にはできないんだ。

もうなんで産まれてきたんだろう。

死ぬのは怖いから死にたくないけど消えたい。