『自己愛性人格障害』本人のブログ

自己愛性人格障害者本人が綴る、深層心理

自己愛な人生⑧〜白黒思考〜

人格障害の特徴の一つに

白黒思考

が挙げられる。

 

善か悪か、0か100か

どちらかでしか物事を判断できずに中間が存在しない。

 

昔から見捨てられ不安をよく感じていた私は、結婚する際に元夫にこう聞いた。

「私は貴方に見せていないような暗い部分もある。特に、それは見捨てられると思ったときにでてくる。貴方は絶対私を見捨てない?」

元夫は答えた。

絶対見捨てないよ

 

具体的な記憶はないが、昔から絶対や100パーセントという言葉をよく使っていた。

それは、健常者の言うそれとは違って本当に絶対的な意味をこめて使っており、

その絶対が覆されると

言い様のない怒りがこみ上げていた。

 

人の一部を見ただけで

こんな人ありえない

と一瞬で大嫌いになって口もきけないほどだった。

 

例えば、こちらが何とも思ってないけど普通にたまに会う異性の知人に、好意を持たれていることがわかったとする。

すると途端に会いたくなくなるのだ。

凄く、気分が悪くて、この人は自分をそういう目で見ているのか、と。

そしてありえないほど冷たい態度をとる。

私に好意を持っていることで

その人の人格が変わるわけではないのに。

 

同じ人に対する評価もコロコロ変わる。

ただ自分の気分のせいで、同じ行動に対しての評価が全く変わってしまう。

 

昨日私は実家にいて、恋人とのこともあり気分が冴えなかった。

医者の予約があったので外に出た。

すると、母親も小走りで追いかけてきて、

「私も途中まで一緒にいく。」

と笑顔を向けてきた。

しかし、この時私は本当に気分が悪かった。

なので、母親をちらっとみて無視をした。

ちなみに、まだ無視できただけで私の中では成長だ。

心の中でこの時、鬱陶しい、こいつなんていなくなればいいのに、早く家を出たい。

そんなことが湧き上がっていたが、それを言葉にしたり他に暴言を吐くことはなく止められた。

 

これが本当に気分の良い時であれば普通の対応ができたはずだ。

というより、今このブログを書いているこのとき、私は特に母親に対して鬱陶しいだいなくなれだ思っていない。

なのに、昨日はそういう風に感じていた。

同じ人なのに、

その人に対しての評価が気分で変わる

 

それは元夫の離婚騒動の時もそうだった。

激昂しているときの私は、

こんなやついなくなれ、死ね

と怒りを露わにして、周りに対しても元夫の悪口を言いまくった。

普段からそんなことを思っていたのかと聞かれるとそんなことはない。

むしろ私は、夫大好き妻だった。

夫とたまたま帰るタイミングが一緒になると子供のように喜び、嬉しいことも悲しいことも真っ先に夫に報告していた。

 

普段との態度の急変

に、元夫にも困惑しただろう。

私も今となっては見捨てられ不安だったと理解できるが、そのときは本当に元夫のことが大嫌いになってもう別れてしまいたいと心から思っていると思い込んでいた。

 

余談であるが、私は今恋人がいる。

元夫ばかりブログに登場するので恋人のことはただの寂しさの穴埋めなのかと思われるかもしれないが、そして本当に最初はその気持ち大半で交際を始めたが、今はちゃんと恋人と向き合っている。

恋人とは私のこのような深層心理についても話すし、どうすればいいのか、という話し合いもする。

また機会があればまとめて記事にしようと思う。