『自己愛性人格障害』本人のブログ

自己愛性人格障害者本人が綴る、深層心理

自己愛性人格障害者として生きる②

今日は典型的な境界例の友人と飲んでいた。

彼女は万人ウケする可愛さと色気を持ち合わせ、どんな人に対しても話を合わせユーモアもあり、人の気持ちを深く理解できる。

当然ながらとてもモテる。

しかし、彼女はたいてい相手を振り回して別れに至る。

 

特定の異性に対する考え方は私と同様でかなり偏っている。

私も彼女も

恋人との境界線を失いやすい

私ならこうするのにしてくれない!と

相手に気持ちを押し付けてしまう

そんな自分にほとほと嫌気がさしてしまうという考えも同じだ。

 

私の元夫は、私のことを深く愛してくれた。

私の趣味に付き合い、どんなときも連絡をくれ、遠距離だった恋人時代は毎週末会いに来てくれた。

ここに行きたい、というと旅券を手配してくれ現地の情報を仕入れ、どんなワガママも可愛いといってくれた。

悩んでるときは共に悩み、泣き、いつも1番に私を優先してくれた。

私は完全に甘えていた

 

離婚原因はある意見のすれ違いから、私の意見を優先してくれないことに私が見捨てられ不安を感じ、激昂したことである。

相手が自分と別の人間であることを

受け入れることができてない状態だった

 

境界例の友人も同じだ。

なんでわかってくれないの!と泣きわめく、と言っていた。

そのあまりのヒステリックに相手は引いてしまう。

ちなみに豊田真由子のような感じにならないか?と聞くと、あんな暴言は吐かないと彼女は言っていた。

 

とにかく、

相手は自分とは違う人間であると

意識すること

これは大切なことであるという結論になった。

私なら、記念日は忘れないのに貴方は忘れる!

と思ったとしよう。

健常者でもそれが悲しく感じることもあるし、もしそのことが嫌ならば別れるということだってできるはずだ。

しかし、人格障害者は違う。

私のこと嫌いなんだ、見捨てるんだ

そんな発想に至ってしまう。

そして

関わらないという選択肢を

とることができない

わかってほしいのだ。自分の一部だから。

でも、本当はそんなことはないのだ。

相手が記念日を忘れていることが自分への愛情のなさでは必ずしもない。

そういう人なのだ。

そんな考え方を許容していくことが相手と上手くいくことの一歩だと思う。

 

私の今の恋人は線引きがうまい。

あからさまに私を優先せず、ダメなものはダメ、嫌なものは嫌と言ってくれる。

あぁ、この人は私とは別の人間だな、と常々意識することができる。

元夫のような激しい愛情表現はないが、ただ普通に穏やかに私と時間を過ごしてくれる。

たまに元夫と比べて悲しくなることがある、が、彼と元夫は別の人間なわけで、だからといって彼から愛情を全く感じないわけではない。

角度によっては今の彼の方が私を愛してくれていると感じる部分もある。

 

よく、人格障害者への対応として線引きが大事であるというフレーズを目にするが、まさにその通りである。

線引きをしないと何処までも甘え続ける

それが人格障害者だから。

うまいこと線引きをしてくれる

パートナーを持つこと

それも人格障害と付き合いながら生きていく術であると今は思う。