『自己愛性人格障害』本人のブログ

自己愛性人格障害者本人が綴る、深層心理

また被害者を増やしてしまうのか

ここ一ヶ月で私に起こった変化。

恋人ができてしまった

 

健常者であってもいくつか障壁のある相手であり

私自身、元夫のことを完全に忘れたわけでもないなど

問題が山積みであるが

私の一番の心配は

また被害者を増やしてしまうのか

ということである。

 

ただ、恋人に対しては初対面から自分は精神面に問題がありこんな酷いことを夫に対してしてきて離婚になり、という話をこと細かくしてきた。

初対面から自分の不幸話をする

自己愛性人格障害者の特徴だ。

 

恋人も色々と経験してきていて歳も10ほど離れているためか、物凄く話しやすく、ここまで突っ込んで聞いてくれるのかと感動を覚えたほどだ。

 

また私は相手を傷つけて相手から愛想をつかされて同じことを繰り返すのではないかと心配していることももちろん伝えてある。

 

どうすればうまくやっていけるのか

 

恋人曰く、今の所悪いところは見当たらないし、そこまで自分のことをわかっているならやり方を考えればいいし、問題があっても話し合うことさえできればやっていけると思うということだ。

私は果たして話し合いができてるか?

という問いに対しても、今のところできてる、と言われた。。

 

心配をよそに自分も惹かれてしまう気持ちには逆らえずに交際に発展してしまった。。

それと比例するように活動的な自分を取り戻してしまっている。

恋人ができたことで自分に自信を過剰に持ってしまう

外的要因でしか価値を見出せない

自己愛性人格障害者の特徴だ。。

 

無自覚に戻りそうで怖い

 

なので、たまには恋人と距離を置いてブログを見返して自己分析もやめないでおこうと思う。

 

人を傷付けまくった自己愛性人格障害者なのに幸せを感じていることがこれまでの被害者からすると逆鱗にふれる事実なのは承知だが、本能に逆らえない自分がいる。。

  

もう大切な人を失いたくない

 

自己愛性人格障害者でもこんなことを思うのか、あなたは自己愛ではない、と言われるかもしれないが

私は確実に自己愛性人格障害者である。

こういう事情があるためこの先更新がかなり緩やかになると思うがご了承いただければと思う。