『自己愛性人格障害』本人のブログ

自己愛性人格障害者本人が綴る、深層心理

自己愛性人格障害を自覚したきっかけ②

時は流れ、私は失恋のショックからも立ち直り、また普通に大学生活を満喫し、その後就職。

そしてなんと、同じ会社の男性と結婚したのだ。

しかし1年後、あることをきっかけに離婚を切り出されて離婚。

元夫に言われた私の性格上の問題点と離婚理由を元に自分を見つめ直した結果

私は自己愛性人格障害者であると

はっきり認識した

 

元夫に指摘されたのは以下の点である。

白黒思考

精神年齢が低すぎる

自信満々すぎる

打算的

自己顕示欲が強い

損得勘定が激しい

思いやりがない

人の気持ちが分かってない

お金ばかり気にする

まさに自己愛性人格障害の特徴である。

 

さらに、以前4年勤めた職場の上司に言われたことも思い出してみた。

気遣いができない

人ごとだと思っている

責任感がなさすぎる

上から目線

なめてる

図太すぎる

これもまさに自己愛性人格障害の特徴である。

 

ここまでくると、何故このように言われて自分を顧みなかったのかと聞かれると思う。

答えは簡単。

私悪くないし。

何言ってんだこいつ。失礼だな。

と思っていたからである。

 

まさに無自覚の自己愛性人格障害者だった私は

離婚という最悪の出来事をきっかけに自分が自己愛性人格障害であることを認識したのであった。