『自己愛性人格障害』本人のブログ

自己愛性人格障害者本人が綴る、深層心理

自己愛な人生⑦〜必要とされたい〜

自己愛性人格障害者は

自分というものを持ち合わせていない。

他者を通してでないと自分を確認出来ない。

関わる人によってそのかりそめの自己像はぶれまくる。

 

自分がない癖に、いやないからこそ

他人に必要とされたがる

 

私自身そんな意識なんてなかった。

でも自己愛性人格障害者であることを意識して自分の過去を振り返ると幼少期からその傾向がある。

 

幼稚園の時にかいた将来の夢

ピーマンと書かれていた。

理由は、ピーマンはみんなから嫌われている、だから私が代わりにピーマンになってみんなから嫌われてあげたいです。

と書かれていた。

ピーマンにさえ必要とされたいと思っている。

かなり病的である。

 

高校の時の委員長決め。

なかなか委員長が決まらない委員会があった。

誰かやれよーおまえがやれよー

そんな野次が飛ぶなか、私は手を挙げた。

誰もやらないなら私がやりますー。

また野次が飛ぶ

さすがY!Yなら向いてると思う!

そんな明らかにお世辞な野次を真にうけて、心の中で

私は素晴らしいことをした、

みんなから必要とされてる、

と喜ぶ。

 

就職活動のときの履歴書。

業界への志望理由について私はこう述べている。

幅広い業界と関わることができ、

かつなくてはならないことであり

人々から必要とされるこの業界に

魅力を感じました。

何がやりたい、業界そのものの魅力はなにも感じていない。

ただ万人から必要とされたいことが私の志望理由だった。

(実際万人から必要とされてるのか、そんなに幅広い業界とかかわれるのかというと、正直企業内での細分化はあるので一概にはいえない)

 

そして私が結婚した元夫。

たった1度1時間ほど話し、連絡先を交換して2ヶ月ほどのメールでのやり取り、たったそれだけで長年つきあった彼女と別れ私を選んだ。

疑わしくなるほどの、愛の言葉の数々。

あぁ、私はこの人に必要とされている

自己愛は最高潮に満たされた。

こんなに私を必要とする人なら大丈夫だ。

そう思った私は元夫の気持ちは全く無視して放漫に振る舞い続けた。

結婚するまでは計算してちゃんと思いやるフリもしてたが、結婚してからはそのフリもやめた。

 

必要とされている確信=安心感

健常者ならそこから愛が生まれるはずだが

自己愛性人格障害者はそれを

すべて自分のエネルギーへかえる。

相手は与え続けるだけで搾取されるだけされて抜け殻のようになる。

 

私自身、その搾取したエネルギーをほんの少しでも元夫への思いやり(のフリ)にさえ変えればこんな結果にはならなかったはずだが、必要とされている確信は

私はこの人に必要とされなくても生きていける

という間違った解釈に変換されていた。

去っていかれた途端私は精神崩壊した

 

幼少期から抱えていた生きづらさは

元夫との出会いで解消されたと思っていたが

全くそんなことはなくむしろ自己愛は肥大化していた。

そして私は

また必要とされることを求めている 

 

恋人がいるではないかって?

そのとおりである。

でも足りない。元夫には足元にも及ばない。

だからといって死ぬほど必要とされることが正しいとは思わない。

その行為は私を放漫な態度に導くからだ。

 

 

こういう分析ができていると少し自分が寛解された気分になるが根本は解決してない。

だって嫌われたくないからこうしようって

基準で行動してるもの 

形式的にはこれでいいかもしれない。

それでも恋人が去っていかないなら。

 

回避依存症

自己愛性人格障害と近いものに

回避依存症というものがある。

 

回避依存症の人は自己愛性人格障害者であることが多いらしい。

回避依存症の人も自己愛性人格障害者と同じで

自分に自信があるように見える

しかし、本当は全く自信がないから

虚栄を張っているだけである。

 

元夫と出会ったとき、私は

やたらと前向きだった。

その理由は本当は死ぬほど後ろ向きで自信のない自分が嫌いで、そのせいで実際嫌われることもあったので

必死で変わろうとしたのだ。

しかし根本にある自信のなさが払拭されるわけでなくその姿は仮でしかなかった。

 

運良く元夫の心を掴んでしまった私は、

元夫に必要とされることに依存した

元夫は本当に私を愛してくれた。

何をしても笑って喜んで褒めてくれた。

私がいなくなることを想像して涙を流すような人だった。

私の自己愛は肥大化し続けた

しかし、根本にある自信のなさが払拭されることはもちろんなく、

必要とされることを確かめ続けた

そして行き過ぎた行動は離婚という最悪の結果となった。

 

この経験は私を確実に

回避依存症に導いた

今まさに私は恋人に対してこの症状が出ている。

すごく幸せに思う瞬間があるのに

伝えることができない

幸せがまた壊れそうで怖い

あなたがいなくても大丈夫なのよ、と言わんばかりの態度をとってしまうことが多い。

元夫ほど愛を伝えてくれるわけではないが、行動が十分に私を想ってくれていることが伝わるのに、私はそういう行動がとれない。

嫌われたくない

 

余談だが、元夫には私の根底にある自信のなさについて話したことがなかった。

結婚しようといわれた時に、さらっと、私は暗い部分もあるけど大丈夫?と伝えただけだった。

(ちなみに、大丈夫だ、何があっても受け止める。といわれた。なのでそれ以上何もいわなかった。)

しかし、今の恋人は私の暗い部分も全部知っている。

不安そうにしたり暗くなっているときは、無理矢理でも何を考えてるか聞いてくれる。

話したことに対しての答えもすごく的確だ。

しかし、あんまりにもこの状態が続くと嫌われないか怖い。

それを伝えると、そんなことでは嫌いにならないといわれるが、元夫も何があっても受け止めると言ったがこのようになってしまったことは正直かなりトラウマになっている。

だからといってまた虚栄を張ってしまうのもまた違う気がする。

 

自分の心を安定させることを

何よりも優先させてしまう

本当の意味で相手を幸せにしたいのに

自己が安定しないとそこまで手が回らない

自己を安定させるために相手を傷つけてしまう

 

今度また会った時に恋人に話してみることにしよう。

あぁ、嫌われたくない。。

 

 

 

 

 

また被害者を増やしてしまうのか

ここ一ヶ月で私に起こった変化。

恋人ができてしまった

 

健常者であってもいくつか障壁のある相手であり

私自身、元夫のことを完全に忘れたわけでもないなど

問題が山積みであるが

私の一番の心配は

また被害者を増やしてしまうのか

ということである。

 

ただ、恋人に対しては初対面から自分は精神面に問題がありこんな酷いことを夫に対してしてきて離婚になり、という話をこと細かくしてきた。

初対面から自分の不幸話をする

自己愛性人格障害者の特徴だ。

 

恋人も色々と経験してきていて歳も10ほど離れているためか、物凄く話しやすく、ここまで突っ込んで聞いてくれるのかと感動を覚えたほどだ。

 

また私は相手を傷つけて相手から愛想をつかされて同じことを繰り返すのではないかと心配していることももちろん伝えてある。

 

どうすればうまくやっていけるのか

 

恋人曰く、今の所悪いところは見当たらないし、そこまで自分のことをわかっているならやり方を考えればいいし、問題があっても話し合うことさえできればやっていけると思うということだ。

私は果たして話し合いができてるか?

という問いに対しても、今のところできてる、と言われた。。

 

心配をよそに自分も惹かれてしまう気持ちには逆らえずに交際に発展してしまった。。

それと比例するように活動的な自分を取り戻してしまっている。

恋人ができたことで自分に自信を過剰に持ってしまう

外的要因でしか価値を見出せない

自己愛性人格障害者の特徴だ。。

 

無自覚に戻りそうで怖い

 

なので、たまには恋人と距離を置いてブログを見返して自己分析もやめないでおこうと思う。

 

人を傷付けまくった自己愛性人格障害者なのに幸せを感じていることがこれまでの被害者からすると逆鱗にふれる事実なのは承知だが、本能に逆らえない自分がいる。。

  

もう大切な人を失いたくない

 

自己愛性人格障害者でもこんなことを思うのか、あなたは自己愛ではない、と言われるかもしれないが

私は確実に自己愛性人格障害者である。

こういう事情があるためこの先更新がかなり緩やかになると思うがご了承いただければと思う。

第一印象がいい

自己愛性人格障害者のターゲットにされた方ならご存知だと思うが

自己愛性人格障害者は

第一印象がいい

 

実際私もそうである。

理由は簡単。

とにかく気に入られたい

なので特に立場が上の人に対しては

めちゃくちゃ愛想よく元気に振る舞う。

 

現に元夫は会社の他支店の先輩であった。

どちらかというと寡黙で社交性のない彼は

私の(見せかけの)天真爛漫さと少し踏み込んだ話でも平気で話せてしまう馴染みやすさに惹かれたらしい。

聞いてもないのに自分の話を永遠とする

これも自己愛性人格障害者の特徴だ。

これがずっと続くと鬱陶しいと思うのが普通だが、初対面で特に話すのが苦手な人からすると魅力的に見えるものである。

私からすれば先輩なので媚を売って損はないと言わんばかりに接したまでだった。

 

まんまと?私にのせられた彼は、出逢いから半年という短期間で私との結婚を決め、結婚後ターゲットにされ、ボロボロになって離婚という判断をした。

 

彼以外でも私は

あまり接しない上の立場の人

からは評判が良かった。

元気で明るい子

として評価してくれていた。

だからこそ、同じ職場にいた上司が私を批判することを私はその上司の見る目がないと思い込んでいた。

 

面接もすごく得意である

無自覚の私は自信満々にこんなことをやっていた、あんなことをやっていたと永遠と話すことができた。

 

何故こんな第一印象がいいのか。

答えは簡単である。

本当は自信がないからおもしろくないと思われたくないからわざと饒舌に話すのだ。

とにかく最初に気に入られておきたい。

相手には興味が全くなくて

自分をアピールするのに必死なのだ

そんな人と最初は良くても、時が経つとしんどくなるのは目に見えている。

しかしそこに気づかない人をターゲットにしてしまうのである。

 

 

お久しぶりです

更新を止めてしまっていて申し訳ありません。

アクセス解析を見ると

1日に1000viewもある日があり

正直驚いております。。

 

自己愛性人格障害者に悩まされている方なのか

自己愛性人格障害者であることに

悩まされている方なのか

ここにきて自己愛性人格障害を知ったのか

 

どのような理由にしろ

私の記事に興味を持ってくれている方が

少なからずいらっしゃるということで

身のある記事を更新する必要性を感じています。

 

私自身のことで申し訳ないのですが

このブログを更新していた7月頭から

プライベートでの状況がかなり変わりまして

この頃のように自分を自分で見つめる時間が

少なくなってしまいました。

だからといって自分が自己愛性人格障害者で

あることに変わりはないし、

また完全に無自覚になることで

大切な人を失うことを繰り返したくないと

私は思っています。

 

なので自分自身のためにも、

これからも少しずつですが記事を

更新させていただこうと思っています。

どうぞお付き合いください。

 

自己愛な人生⑥〜外的要因〜

自己愛性人格障害者は

自分というものが存在しない

それ故に自分の価値はすべて

外的要因

によって決まると思い込んでいる。

というよりも、外的要因に頼らざる得ない。

 

私の今までの人生は全て

自分の価値をあげるための

行動の繰り返しだった

といっても過言ではない。

 

テストで100点を取る私すごい

髪の毛金髪にする私すごい

可愛い友達たくさんいる私すごい

いい大学に入った私すごい

旅に出ちゃう私すごい

こんなことできる私すごい

そんな基準で行動するから

中身なんてスカスカだ

 

いろんな経験を

自分語りする

相手の話は上から目線でアドバイスする

自分の中の基準なんてないから

人の話に共感も反感もできない。

外的要因ばかりで繕われた自己は

いつかその姿を露呈させる

おそらく私と話していて

居心地がいいと思う人はいないと思う。

楽しい明るい感じの人だなぁ。

くらいの印象はあると思われるが

この人といたい。

そう思わせる確固たる自己というものを

持ち合わせていない。

 

健常者は自己を持っていて

自分に自信がない部分があったとしても

絶対にブレない芯をもっている。

だからこそ信頼関係が築けるし

ありのままの自分で人と接することができ

それでもって穏やかな人間関係を築ける。

 

自己愛性人格障害者はそれができない。

常に外からの何かを受け続けて

それをひけらかすことでしか

会話をすることができない。

最も会話というより演説のようなものだが

 

小さい子が、お母さんあのね、今日ね

そんな風にしかできないのである。

みんなが楽しそうに話す姿が

いつも羨ましいと思う。

誰かといてもなんだか苦しい

でも一人も苦しい

被害者からしたらじゃあ死ねばと

思われるかもしれないが

そんな勇気はもうとうにない。

どうしようもないけどどうにかしてほしい

そうやって人生を過ごしていくのだと思う。

 

 

 

他人に興味がわかない

今日は親友の結婚式だった。

本当に心優しい私の友達。

離婚後引きこもりの私を前日も気遣って

無理しないでねと連絡をくれた。

 

心優しい友達がたくさんいる。

自己愛の相手は心優しく無いとできない。

 

どこかで自己愛あるあるとして

かわいいグループにいる

1人可愛く無い子は

自己愛の可能性が高い

と聞いたことがある。

あくまで聞いたことあるだけだが

自分のことだという風にしか捉えられなかった。

無自覚だった私は

自分の価値を上げるために

可愛い子に近づいて友達になったから。

 

半年ぶりに会う友達数人

結局自分語りをしてしまう。

みんなの笑うところや共感するところで

それをすることができない。

 

本当に辛い。

みんなに興味がないわけじゃないのに

結局心の底では何も感じてないんだ。

そう考えただけでみんなといることが

辛くなってくる。

友達はみんな私の話にも興味を持って

しっかりと聞いてくれるのに。

なんでできないのだろう。

必死で興味のあるふりをする。

演じ続ける。

自分が中心な時はすごく楽しい。

なのに友達の話になると

なかなかつっこんだりできない。

へぇ〜そうなんだ!

と少々オーバーにリアクションとるだけだ。

友達の話に何かを感じることができない。

 

だったら離れたらいい。

そう思うかもしれないが

たくさんの友達に囲まれる自分が好き

であり

自分が中心な時は自己愛が満たされる

ため、友達とはずっと続けていこうと思う。

本当に友達が好きなわけではない。

自己愛を満たしてくれてありがとう。

そんな風に思いたくないのに。

こんな素敵な友達がたくさんいるのに

何故私はこんななんだろう。

 

満たされない。

満たされない。

満たされる時は一瞬

それも人から搾取するだけで

与えることができない

 

Yは一方的に話すだけじゃん

元夫の声が心に響く。